低体温と筋肉


低体温の方は、筋肉の量が少ないのです。


筋肉の量が少ないことは、体を全体的に支えることが出来ないのです。


体が支えることが出来ないことは、足の

歪みや体の歪みがあるのです。


筋肉をつけて、歪みを治さないと、万病は治りにくいのです


低体温の原因は運動不足


運動不足になると、筋力の低下や汗が出にくい体になります。


汗が出にくい体になれば、体温調節機能が低下になります。


体温調節機能が低下になると、純粋自律神経失調症になりやすい体質になります。


低体温は臓器の機能低下


低体温になると、免疫力が低下になります、分かりやすく言えば、血行の流れが悪くなり、体内酵素の動きが悪くなります。


体内酵素が動きを悪くなると、臓器の機能低下になります。


低体温の原因は体力の低下です


体の老化の原因


生物は吸い込んだ酸素で食べたものを燃やしてエネルギーを作り出しています。

ところが、ストレスによってその酸素が体内でより酸化力の強い活性酸素に変わってしまうことがあります。


活性酸素毒性が強く、体内でウイルスなどをやっつけてくれる反面、健康な細胞を酸化して錆びつかせ、傷つけます。


ですから、体の老化の原因は活性酸素なのです。


脳疲労症候群はストレスが原因


ストレスを受けると、脳の神経細胞が傷をつけ、脳の機能低下になります。


脳の機能低下になれば、免疫機能が低下になります。 


免疫機能が低下になれば、脳の回復力が低下になります。


脳の回復力が低下になれば、脳疲労症候群になります。


脳疲労症候群は万病の元と言われています


心の病気と体の病気の予防


ストレスと上手につきあうには、まず毎日の生活習慣を整えることが大切です。


バランスの取れた食事や良質の睡眠、適度な運動の習慣を維持することが、健康生活の基本中の基本です。


ですから、基本中の基本が出来ない方は、心の病気から体の病気になりやすくなるのです。