体の歪みの症状


・冷え


・体力低下


・内臓機能低下


・ホルモンバランスの乱れ


・自律神経の乱れ


二つでも当てはまる方は、体の歪みのチェックテストを受けて下さい。


体の歪みチェックテスト


・座るときに、脚を組む癖がある


・仰向けに寝ると左右の足の開きが違う


・片方の足に重心を置いたりすることがある


・歯並びが悪いである。


全身が筋肉不足である


一つでも当てはまる方は、体の歪みがある可能性があります。


体の歪みは足の歪み


首と骨盤と足は、体の土台です。


分かりやすく言えば、首は人間の頭を支える、頭の土台。


骨盤は、人間の上半身を支える、上半身の土台。


足は、人間の全身体を支える、全身体の土台。


足の調節機能が歪むと血行の流れが悪くなり、体調不良になります。


ですから、足の歪みを整えながら、体の歪みを整えましょう。


それが、私達の体の歪み改善法です。


(一般的の歪み改善法は、上半身の筋肉調節です)


体の歪みは隠れ足障害の原因


足のアーチについて


本来の足のアーチは3点です、分かりやすく言えば、横アーチと縦アーチと踵アーチです、もっと分かりやすく言えば、親指の付け根と小指の付け根と踵の付け根です。


アーチの変形について


足のアーチを支えるのは足裏の筋肉です、足裏の筋肉を負担をかければ、だんだんとアーチが下がっていくのです。


回内足について


回内足はオーバープロネーションです。


回内足とは、土踏まずのアーチを下がり、足首が内側に倒れ込みます、


回内足になりやすい方は、足の歪みと体の歪みがあります。


私は体の歪みは足の歪みが原因と考えてます、私は足の歪みの事を隠れ足障害と呼んでいます。


ほとんどの方は、隠れ足障害です。


隠れ足障害の改善法は正しい靴のサイズと正しい履き方です。


隠れ足障害がある方はフットバランスケアがお勧め


フットバランスケアとは、魚の目やタコを取り除き、足の歪みや体の歪みを整えることができます。


それから、足の臭いの原因となる足の角質も取ることができます。


(足病の方は、フットバランスケアを行わないでください)


正しい靴のサイズは足にピッタリと合うサイズ


縦のサイズの合わせ方は、ヒールカウンターを踵に合わせて、爪先が指一本分です。


横のサイズの合わせ方は、ヒールカウンターを踵に合わせて、靴紐をしっかりと結んで、足が縦や横に動かなかったら、大丈夫です。


良い靴は足の動きと足形に合わせた靴


私達が信じている、足に良い靴とはフィット性と安定性が高い靴です。


フィット性は自分の足型に合う、分かりやすく言えば、つま先の形、足回りの形、踵の形です。


安定性は靴の芯がしっかりと入っている靴です、分かりやすく言えば、本来の足の動きが合った靴です。もっと分かりやすく言えば、つま先だけが曲がり、土踏まずと踵は芯を使うことで、曲がらないようになっています、これが本来の足の動きに合わせた、足に優しい靴と私達は信じています。


正しい履き方は基本中の基本


皆様、靴の履き方を知ってますか、知らない方がほとんどです。


その理由は、本来の生き物達は素足生活だったので、靴を履くと弱い足になるのです。


ですが、最低限の靴と正しい履き方をすると、強い足になります。


正しい履き方は、しっかりと踵をつけて、しっかりと甲に合わせて、靴ひもを結びます。


ソフトソールはダイエットソール

 

ソフトソールは足障害になりやすいソールです、分かりやすく言えば、ソフトソールを使うことによって、アーチの機能は老化してきます、もっと分かりやすく言えば、体の歪みが出来やすくなるのです、ですから、ダイエット効果が大きいのです。


本来の中敷きは足と体の予防


本来の中敷きは足の骨盤を支えて、足の筋肉をつける。分かりやすく言えば、足と体の老化防止になるのです。


ハードソールはマッスルトレーニング効果があります。


第2の心臓は足から


足は第2の心臓と言われています、理由は簡単です、ポンプは土踏まずなのです、もっと分かりやすく言えば、土踏まずを刺激を受けでば、体内の血流の流れが良くなるのです。


万病の予防はふくらはぎ


健康維持の秘訣は全身の血液の流れからと言われています、それはポンプ式の力を使って、健康になっているのです。


血流のポンプの役割りについてです。


血流のポンプは心臓と土踏まずとふくらはぎです。


心臓の役割りとは生命のエネルギーなのです


土踏まずの役割りとは体のバランス調整なのです。


ふくらはぎの役割りとは全身の血流を促進をさせるのです。


ふくらはぎの筋肉を作るれば、寝たきりと万病の予防になるのです。


骨盤の歪みは筋肉の歪み


足の歪みが改善がしても、骨盤の歪みが改善がしていなければ、筋肉の歪みの原因です。


筋肉の歪みの原因は


疲労や運動不足による、筋肉不足と柔軟不足の原因です。


従って、改善方法はボディケアとストレッチケアとマッスルトレーニングケアがお勧めします。


とくにインナーマッスルを鍛えて下されば、体の歪みは改善ができます。


自律神経とストレッチケア


不調や疲労をかかえている方の共通点は、体がガチガチに固くなっているために、体を回復する役割である、副交感神経が十分にはたらけていないこと。固い筋肉をほぐせば、しっかりと副交感神経に切りかわって不調や疲労の回復がぐんぐん促進されます。なのでボディケアとストレッチケアとマッスルトレーニングケアがお勧めなのです。


本来のボディケアの効果は


通常のボディケアでは筋肉細胞が破壊されるのが高いのです。


わかりやすくいえば、凝り固まった筋肉を強い力で押してほぐす施術では、その瞬間は痛みが改善された錯覚を受けるものの、実は筋肉の細胞に大きなダメージを与えています。そのため、時間が経過すると、再び筋肉が硬くなりつらい痛みを招きます。 


何度も指圧するボディケアを繰り返して筋肉の細胞を破壊していると、結果的に筋肉は硬くなり、疲れが取れなくなってしまいます。


ですからストレッチケアとマッスルトレーニングケアがお勧めです。


ストレッチケアの効果は


ストレッチケアは、硬く縮んでしまった筋肉を伸ばし、本来の筋肉の長さに戻していきます。


伸ばすことで柔らかくなった筋肉は、本来の血流を促すポンプ機能を取り戻し、酸素や栄養の供給を行い、老廃物や疲労物質を体外へ押し流していきます。


また、普段鍛えられない筋肉を刺激し、代謝を向上させたり、柔軟性を得ることでしなやかな体つくりに役立ちます。


結果として、疲労回復、脂肪燃焼促進、運動能力向上、体の歪みの改善、心身リラックスの効果が期待されます。


ですから、最低でも1週間3回はパートナストレッチケアを受けた方が良いでしょう。


(パートナーストレッチケアとは、二人で行うストレッチケアです。)