弱者とは、病人と障害者です。


とくに、慢性的な病気を持った方と知的に障害を持った方です


健常者と病人


慢性的な病気を持った方達は、ほとんどの方が病気や人間性関係に苦しんでいるのです。


例えば、健常者達に相談をしても、気のせいや我慢をしなさいと言われるの

です。



      同じ生き物なのに、何で助けないのでしょうか?。


その理由はあります。


経験をしたこともないからです。


経験をしたこともない方達は、慢性的な病気を持った方達を、助ける価値がないと思っています。


健常者と知的障害者


知的障害者達はIQで決まります、

分かりやすく言えば、精神年齢が12歳以下です。


私達が思う、知的障害者は個性的能力だと思っています、例えば、私達は仕事能力や運動能力が高い方から低い方がいます、分かりやすく言えば、知的障害者は私達に比べて観たら、知的能力だけが低いのです。


もっと分かりやすく言えば、知的障害者に寄る、差別が多いのです。


例えば、健常者達は知的障害者は駄目人間だから、生きる価値がないと考えてるのが多いのです。


弱者と私達の考え


私の考えは強い生き物が弱い生き物をサポートをするべきだと思っています、分かりやすく言えば、弱者も私達の仲間です、もっと分かりやすく言えば、仲間を助けないことは、仲間の人生を大切にしない生き物です。


   サービス介助基礎検定とは、障害者と高齢者に対する、専門知識の資格です。