弱者とは、病人と障害者です。


とくに、慢性的な病気を持った方と知的に障害を持った方です


健常者と病人


慢性的な病気を持った方達は、ほとんどの方が病気や人間性関係に苦しんでいるのです。


例えば、健常者達に相談をしても、気のせいや我慢をしなさいと言われるの

です。



      同じ生き物なのに、何で助けないのでしょうか?。


その理由はあります。


経験をしたこともないからです。


経験をしたこともない方達は、慢性的な病気を持った方達を、助ける価値がないと思っています。


健常者と知的障害者


知的障害者達はIQで決まります、

分かりやすく言えば、精神年齢が12歳以下です。


私達が思う、知的障害者は個性的能力だと思っています、例えば、私達は仕事能力や運動能力が低い方から高い方がいます、分かりやすく言えば、知的障害者は私達に比べて観たら、知的能力だけが低いのです。


ですが、知的障害者は資格を取得してる方達がいます。


それは、皆様の為に社会貢献をし、お互いに住みやすい世界を作りたいからです。


弱者と私達の考え


私達の考えは強い生き物が弱い生き物をサポートをするべきだと思っています、分かりやすく言えば、弱者も私達の仲間です。

ですから、弱者達は健常者達の事を待っています。


従って、移動介護従事者や初任者研修が必要です。


移動介護従事者や初任者研修の資格を持ってると、弱者達の気持ちが分かり、適切なサポートが出来るからです。


皆様、移動介護従事者や初任者研修の資格をとり、お互いに住みやすい世界を作りましょう。