気分障害は精神障害


気分障害は、気分が沈んだり、何事にも興味が持てないような状態が続く障害で、だれにでも起こる可能性があります。


分かりやすく言えば、睡眠障害や精神障害です


気分障害の高体温


気分障害の高体温は、心と体の負担です。

心と体を負担をかければ、免疫システムが発動をするのです。


体が異常でしたら、免疫システムが発動をして、熱を作ってくれるのです。


ですから、気分障害の方は、高体温なるのです。


気分障害は睡眠障害


気分障害の方は、体温が高くなっています。とくに、本来は体温を下げて身体を休める夜の時間帯に体温が下がらなくなっているのが特徴です。身体が本当の意味での休息モードに入れないので、気分障害の方は、うまく休むことができず、回復感のない睡眠になるのです。


これは睡眠障害の方は、ほとんど気分障害なのです。


交代勤務睡眠障害


交代勤務睡眠障害とは、交代勤務のために睡眠時間帯が変化させられることによって、睡眠障害や身体機能障害の症状が出やすくなります。


症状は睡眠障害と身体機能障害です


交代勤務睡眠障害の改善


交代勤務睡眠障害の方の改善は、体内時間に合わせたシフトです。


体内時間に合わせたシフトは早番から遅番へです。


理由は、生き物達の睡眠リズムをコントロールしている、体内時計は24時間よりも長い周期で動いています。


そのため、眠る時間帯が後ろにずれることには適応しやすいという特徴がありますので、早番から遅番へというシフトは、就寝時刻が遅くなっていく方向ですので、体内時計の観点から見れば、心と体には負担が少なくなるのです。


適応障害


適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。


例えば、憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、犯罪の行動面の症状がみられることもあります。


ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。


不安障害


突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態を不安障害といいます。


不安は死の危険から生き延びるために準備されている反応です。


ですから、不安障害の方は毎日、不安で生きるのが辛いのです


統合失調症


統合失調症は、脳の様々な働きをまとめることが難しくなるために、幻覚や妄想などの症状が起こる病気です。


ですから、統合失調症は気分障害や不安障害に似てるのです。


ストレス障害


死を意識するような強い体験によって心理的なトラウマが生じ、以下の特有の症状を生じる障害です。 


 ここでいう体験とは、事故、災害、戦闘、虐待、犯罪によって自分が死にかけたり、親しい人が死んだり、死にかけるのを目撃することです


これが外傷後ストレス障害なのです。


強迫障害


強迫障害は、強い不安やこだわりによって日常に支障が出る病気です


ですから、自分に合った生活をしましょう


強迫障害の原因


強迫障害の原因は、心と体のストレスの原因です。


例えば、私達がストレスを貯めると、心と体が壊れていきます。


その理由は、免疫システムが作る症状なのです。


免疫システムは自分の心と体を守るシステムなのです。


ですから、免疫システム経由で脳の細胞にインストール をしたのです。


強迫障害の原因は、心と体のストレスです


心の病気は治る病気


心の病気にかかったとしても、多くの場合は治療により回復し、社会の中で安定した生活をおくることができます。


病気の治し方の近道は、焦らず、自分のペースで治療をする事です。


それが基本中の基本です


心の病気の再発防止治療


心の病気の中には、再発しやすいものがあり、再発を防ぐためには、精神療法を続けることが必要になります。


治療を焦ったり、中途半端になったり、自己判断で病院へ行くのをやめてしまうと、回復が遅れてしまいます。じっくり病気とつきあう気持ちが早期回復につながります。


ですから、自分のペースで良いのです。


薬物治療法は危険な治療法


薬物依存症とは、治療薬をくりかえし使いたい、あるいは使っていないと不快になるため使い続ける、やめようと思ってもやめられないという状態です。


こうなると日常生活に支障が出てもやめられない、また薬物を手に入れるためになりふりかまわなくなるといったことが出てきます。


欲しいという欲求が我慢できなくなる精神的依存、薬がなくなると不快な離脱症状が出る身体的依存があります。


また、体が薬に慣れてくるため、同じ効果を感じるために薬の量が増えてしまいます。


ですから、薬物治療法は危険な治療法なのです。


心の病気と体の病気の予防


ストレスと上手につきあうには、まず毎日の生活習慣を整えることが大切です。


バランスの取れた食事や良質の睡眠、適度な運動の習慣を維持することが、健康生活の基本中の基本です。


ですから、基本中の基本が出来ない方は、心の病気や体の病気になりやすくなるのです。


身近な人たちと支えあう


心や体の健康状態が気になるときや病気になったとき、家族や友人、知人に相談することができれば大きな安心感につながります。


ですから、この世界は助け合いが必要なのです。