命の雨 


農作物というのはとても天気の影響を受けやすいのですが、

雨は降りすぎてもよくありませんが雨が降ってくれることによって農作物はしっかりと育ってくれるのです。

梅雨に雨が降らなければ農作物がしっかりと育ちませんので野菜不足になり、生き物達は体調不良になるのです。


野菜の旬は自然界の贈り物


本来の野菜には、それぞれの季節に合わせた、美味しい野菜があります、分かりやすく言えば、季節の移り変わりの中で発芽、生長する植物ですから、適切な季節に自然な形で育てられたもの、無理がなく育てられた野菜が本来の旬野菜です。


本来の旬野菜の味は濃厚で、栄養が一番多いのです、分かりやすく言えば、旬野菜は健康野菜なのです。



旬野菜の栄養について


野菜の多くはミネラルやビタミン類が多く含まれています、本来の健康野菜なのです。


自然界の空気


自然界の空気を感謝をしてますか、自然界の空気が無ければ、生き物達は生きていません、自然界の空気のおかげで、生き物達が生きているのです。


分かりやすく言えば、自然界の恵空気を大切にし、感謝をしましょう。


感謝の心は思いやりの心です、思いやりの心は助け合いの心です。


自然界の空気は自然界の恵みです。


自然界の恵みの心は助け合いの心です。


まずは自然界の恵み生活をしましょう。


本来の自然界恵み生活は食物連鎖生活です、ある意味の食物連鎖生活は助け合い生活です。


生きることは命を食べることになります、まずは全ての植物と生き物と私たちの生命を感謝をしましょう。


森の木々が栄養分を作り出す


森にはさまざまな生物が住んでいます。森を歩いていると、“生命の営みの音”が静寂さの中でにぎやかに奏でられていることに気がつくはずです。


生き物の音、木の音、風の音、その豊かさは、計り知れません。


そのような森の栄養分は、植物達とそこに住む生物達の協力によって作られます。木々が成長し枯れ葉や枯れ枝が落ちると、土壌の表層に集積します。それを土壌に住む動物や微生物が分解し、森林植物の栄養源となっていくのです。


植物と生き物


植物の栄養源は水と二酸化炭素です、水と二酸化炭素で栄養をつくるとき、いらなくなった酸素を出すようになっています。


植物は緑色をしています。これは、植物の体の中に緑色の葉緑体というものがふくまれているからです。


葉緑体は栄養を作ります。根からすい上げた水と、空気中の二酸化炭素を使い、太陽の光のエネルギーを利用してでんぷんや糖をつくるのです。これを光合成といいます。


葉緑体の中で、水は酸素と水素に分解されます。水の小さなつぶは、酸素のつぶと水素のつぶでできているのです。分解して取り出した水素と、葉から取り入れた二酸化炭素をうまく組み合わせると、栄養をつくることができます。


葉緑体は、水の中の水素だけを原料として使うので、酸素は必要ありません。そこで、あまった酸素は、葉にある小さな穴から、外にすてられて出てくるのです。


今私達が吸っている酸素は、植物がつくり出してきたものです。植物のおかげで、生物たちは生きることができるのです。



植物の力の大気保全機能


都会なかに木を植えると、緑が増えて、見た目にもやさしい環境になり、木がよごれた空気をきれいにするので、住みやすくなります。これが大気保全機能なのです。


森林の土は天然ダム


森の所に雨がふると、木の葉や草にたまった雨水は、そのまま蒸発をします。土に落ちた雨水は、地中にしみこんでいきます。


しみこんだ雨水は、森の木や草に、根からすい上げられて、水分補給をしているのです。


分かりやすく言えば、森林の土は一時的に水をためこむ、天然のダムなのです。


自然界の大地


自然界の大地についてです。


自然の大地のおかげ様で、植物達が生きることが出来ます、植物達が生きることは、生き物達も生きることが出来ます、分かりやすく言えば、水、空気、大地です。


水の役割は植物達と生き物達のサポートです。


空気の役割は生き物達のサポートです。


大地の役割は植物達のサポートです。


自然界の宝物は水、空気、大地なのです、分かりやすく言えば水と空気と大地が無ければ、この世界が存在がしなかったのです。


まずは自然界を大切し、感謝をして、自然界を育てましょう。


自然界を育てれば、未来はもっと良い方に行けると思います、自然界を育てる心は助け合いの心です。